http://www.shproduct.jp/

黒発酵の恵

黒発酵の恵 黒発酵の恵

内容量:

34.7g(1粒重量578mg×60 粒)
※1粒内容量380mg

1日の摂取目安量:

1~2粒

形状:

黒色・ソフトカプセル

希望小売価格:

3,800円(税抜)

黒発酵の恵は、鹿児島の豊かな自然がはぐくんだ黒酢ともろみ、冬の厳しい寒さや雪に耐えた青森のにんにくを配合したサプリメントです。

素材の持つチカラを高めるため、黒酢はさらさらの液体をタールのような粘りが出る限界の30倍にまで濃縮しました。また、にんにくは発酵させて「黒にんにく」にし、特有の臭いを減らして栄養価を高めました。

もうひと踏ん張りしたいときや、日ごろなんだか元気がでない方に黒発酵の恵をおすすめいたします。

ご購入はこちら

黒発酵の恵のよくあるご質問はこちら>>

1 たっぷりな玄米と温泉水で仕込んだ黒酢を30倍に濃縮

黒発酵の恵には3つの黒発酵成分を配合しています。一つ目となる「濃縮黒酢」は鹿児島県の大隅半島の中央に位置する鹿屋市の醸造蔵で作られています。 お酒造りには「お米」と「水」が大事といわれますが、お酢も同様で、お米と水、どちらにもこだわっています。

まずはお米ですが、仕込み量にこだわりました。通常、黒酢1Lあたり玄米を180~300gを仕込むのですが、本品の黒酢は国産玄米をたっぷり贅沢に350g使いました。仕込むお米が多い分、栄養も豊富な黒酢が仕上がります。

また、水は鹿屋市の隣、垂水産のブランド水を使用しています。垂水市は、桜島の火山灰によってできたシラス台地の地層を何年もかけて濾過された温泉水がわき出る、水に恵まれた土地です。温泉水は天然のアルカリイオン水で、浸透性が高いのが特徴で、玄米の栄養を十二分に引き出します。

玄米

そうして出来上がった栄養豊富な黒酢をさらに水分を飛ばして30倍(体積比)に濃縮しました。
濃縮された黒酢が1粒の中にギュッと凝縮されています。


2 アミノ酸等の栄養が豊富な希少な黒酢もろみを配合
アマン壺

二つ目の黒発酵成分は「黒酢もろみ」です。

黒酢もろみは黒酢をつくる過程でできる副産物で、わずかにしか採れないため、希少価値があります。お酒にたとえるならば、ちょうど酒粕にあたるもので、酒粕の栄養価が高いことは広く知られていますが、黒酢もろみも栄養がとても豊富です。

黒酢もろみには、黒酢の数十倍のアミノ酸が含まれるほか、ペプチド(アミノ酸が数個つながったもの)、繊維質などが含まれます。


3 ブランドにんにくを熟成発酵。黒色は健康成分が豊富な証!

最後の黒発酵成分「黒発酵にんにく」には、にんにくのブランド種として確立された青森県産「福地ホワイト六片」を使用しています。福地ホワイト六片は大粒の中にギュッと栄養が詰まっているのが特徴です。

にんにくそのものもスタミナをつける食材として有名ですが、それをじっくりと発酵させることで2つのメリットがあります。一つは、にんにく特有のニオイが少なくなること。これは、発酵によりニオイの原因物質が分解されるためです。

にんにく

二つ目は、にんにくの栄養価がグッとアップすること。特にポリフェノールは生ニンニクと比べて40倍以上※。発酵により生まれた黒にんにくは健康成分が豊富なのです。

※生ニンニクと発酵黒ニンニク粉末と比較して

お召し上がり方・ご使用方法

健康補助の食品として1日1~2粒を目安に水またはお湯とともにお召し上がりください。

原材料

べに花油、黒酢濃縮エキス、発酵黒ニンニク粉末、黒酢もろみ粉末、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ

摂取目安量あたりの栄養成分

<2粒(1.16gあたり)の栄養成分>
エネルギー/6.49kcal たんぱく質/0.34g 脂質/0.44g 炭水化物/0.28g 
ナトリウム/1.04mg(食塩相当量:0.003g)

黒酢濃縮エキス/50mg 発酵黒ニンニク粉末/50mg 黒酢もろみ粉末/50mg

ご注意

・高温多湿と直射日光を避け、保存してください。

・まれに体質に合わない方がいらっしゃいますので、お召し上がり後体調が優れないと思われる場合は、お召し上がり量を減らすかご使用を中止してください。

・処方薬を服用あるいは通院中の方は、医師とご相談の上、お召し上がりください。

・開封後はなるべく早くお召し上がりください。

・乳幼児の手の届かないところに保存してください。

・製造ロットによって若干の味・色の違いを生じる場合がありますが、品質には問題ありません。

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

よくあるご質問
質問

お薬を飲んでいますが、一緒に飲んでも大丈夫ですか?

回答

ニンニクが含まれますので、抗血栓療法(血を固まらせないようにアスピリンやワルファリン等の薬を飲んで、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ治療法)を受けられている方は、かかりつけの医師にご相談ください。

質問

いつ飲んだらいいですか?

回答

黒発酵の恵は食品なので、いつ飲んでいただいても構いません。続けられるよう、飲み忘れのタイミングがおすすめです。