http://www.shproduct.jp/

紫根ヘアカラートリートメント

紫根ヘアカラートリートメント 紫根ヘアカラートリートメント

内容量:

200g

1回使用量目安:

ショート:ピンポン玉2個
ミディアム:ピンポン玉2.5個
ロング:ピンポン玉3個

分類・形状:

化粧品・茶色クリーム

希望小売価格:

3,800円(税抜)
【消費税10%対象品】

「紫根(しこん)ヘアカラートリートメント」はシャンプーの後に使うことで、髪の毛を補修・ツヤを与えながら、だんだんと髪を染めていく白髪ケアの商品です。 特長成分、国産のムラサキ根エキス、ダイズ種子発酵エキスのほか、9種の植物成分等を配合し、しっとりとした使い心地です。

また、髪やお肌に負担の少ないHC染料を採用しており、ツンとしたにおいもなく、手や地肌についても簡単に洗い流すことができます。

仕上がりは自然な感じのダークブラウン。自宅で気軽にケアしたい方、美容院になかなか行けない方におすすめです。

紫根ヘアカラートリートメントのよくあるご質問はこちら>>

1 髪の毛や肌に負担の少ないHC染料を採用

紫根ヘアカラートリートメントは染料としてHC染料を採用しています。HC染料は2001年に化粧品への配合が認められた毛染め用の原料で、髪の毛を染める以外にも口紅などの化粧品にも使用されています。

このHC染料の特徴は分子サイズが小さいこと。染料の小さい分子が直接髪の内部に浸透し、髪の毛を染めていきます。

つまり、髪のキューティクルを開かずに染色できるので、髪への負担が少ないのです。また、ジアミン系の染料と比較してアレルギーを起こしにくい成分であることも知られています。

髪の毛つや

2 髪にうるおいを与えるムラサキ根エキス

特長成分「ムラサキ根エキス」は紫根(しこん)という薬用植物から抽出される成分です。その名の通り紫色をした根っこの部分から有用成分が得られます。

紫根チップ

もともと紫根は天然の紫色の染料として広く使われていましたが、合成染料が主流となった現代においても友禅などの高級染め物の原料として利用されているほか、口紅の着色料としても使われています。

またその一方で江戸時代後期に、全身麻酔を世界で初めて成功させたことで有名な華岡青洲が紫根を配合した軟膏を考案して以来、日本ではお肌の健康を守る素材として活用されてきました。

なお紫根そのものは絶滅危惧種であり、そのほとんどを輸入に頼っている現状ですが、紫根ヘアカラートリートメントは石川県で栽培された貴重な国産紫根(加賀本紫)のエキスを使用しています。

3 若々しい髪に導くダイズ種子発酵エキス

特長成分「ダイズ種子発酵エキス」は、麹菌による発酵のチカラで生まれた「水酸化イソフラボン」という成分を含みます。

この成分は普通のイソフラボンよりも「抗酸化力」&「抗糖化力」がパワーアップしていることが確認されており、年齢を重ねた髪と頭皮のケアを通じてボリューム感のアップが期待できます。

大豆ごろごろ

<その他の頭皮環境を整える9種の植物由来成分>

9つの植物由来成分

お召し上がり方・ご使用方法
 

※本品は食べられません

(1)シャンプー後、水気をよくふき取ります。

(2)適量を手にとり髪全体に塗布し、5~15分ほど放置します。
※手や爪の汚れが気になる際は、手袋のご使用をおすすめします。
※放置時間を長めにおくことで、染まりがよくなります。

(3)色水がなくなるまで、しっかりすすぎます。
※色水が気になる際は、シャンプーをおすすめします。

原材料

水、セテアリルアルコール、セテス-40、セバシン酸ジイソピル、PEG-6、PEG-32、パルミチン酸セチル、オレイルアルコール、セテス-10、BG、脂肪酸(C18-36)グリコール、 ベヘントリモニウムクロリド、ムラサキ根エキス、アスペルギルス/ダイズ種子エキス発酵エキス液、ニンニク根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、 オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、PCA-Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、 コカミドプロピルベタイン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-22、ポリソルベート80、ヘキシレングリコール、エタノール、EDTA-2Na、炭酸K、炭酸水素アンモニウム、フェノキシエタノール、ピロクトンオラミン、 香料、HC青2、HC黄2、HC赤3

ご注意
 

・お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合
(2)使用したお肌に、直射日光が当たって、上記のような異常があらわれた場合

・傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

・目に入った時はすぐに洗い流してください。

・幼小児の手の届かないところに保管してください。

・高温または低温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

~色移り・色落ちに関する注意~

・衣類や布等に色がつくと取れないので注意してください。

・浴室、洗面台等に色がついた時は、すぐに洗い流してください。

・髪が濡れている時は、衣類、タオル、枕等に色移りすることがあります。

よくあるご質問
 
質問

1本でどのくらい使えますか?

回答

使い方(量・塗る範囲)によりますが、使用の目安となっているピンポン玉大はだいたい15~20gです。ミディアムヘアの方ですとだいたい5回分相当になります。

質問

色水が気になって、ヘアカラートリートメント後にシャンプーした場合、別のトリートメントは必要ですか?

回答

シャンプー後のトリートメントは必要ありませんが、仕上がりの髪質(ゴワゴワ感など)が気になるようならご使用いただいても結構です。

質問

アウトバストリートメントをしても大丈夫ですか?

回答

アウトバストリートメントをしていただいても構いませんが、次回トリートメント使用前にしっかりとシャンプーで洗浄してください。

質問

どのくらいの頻度で使えばいいですか?

回答

トリートメントなので、毎日使用しても週1で使用してもかまいません。本品は回数を重ねる又は、放置時間を長くするほど濃くなっていき、シャンプーにより徐々に薄くなっていきます。 特におすすめの頻度はありませんので、ご希望の染まり具合・ライフスタイルに合わせて自由にご利用ください。