http://www.shproduct.jp/

ポリコサノール秀

ポリコサノール秀 ポリコサノール秀

内容量:

145.8g(1粒重量540mg×270粒)
※1粒内容量340mg

1日の摂取目安量:

3粒

形状:

カラメル色ソフトカプセル

希望小売価格:

9,800円(税抜)

アレルギー(27品目):

大豆、ゼラチン、ごま

植物油には主成分の脂肪酸のほか、カラダにうれしい成分が微量に含まれています。
ポリコサノール秀はそれら成分をぎゅっと集めたカプセルタイプの健康食品です。

ポリコサノール秀のよくあるご質問はこちら>>

1 「植物ステロール」を知っていますか?

植物ステロール(フィトステロール)という言葉を耳にしたことはありますか?「なんとなく聞いたことはあるけど、何かわからない」という方が大半かもしれません。ステロールと言えば「コレステロール」を連想される方も多いと思いますが、実はそれで正解!植物ステロールは"植物版コレステロール"だと大まかに理解していただいて構いません。

大豆ごろごろ

コレステロールと植物ステロールはとてもそっくりな形をしています。ところが私たちの体はうまくできていて、コレステロールと植物ステロールを区別し、植物ステロールはほとんど吸収されないことが分かっています。

この「似ているけれども吸収されにくい」というところがポイントで、これが植物ステロールの働きに一役買っており、2000年代初頭からトクホ(特定保健用食品)成分としてロングセラーの商品にもなっています。

また、なじみのない成分に不安を感じる方もいるかもしれません。しかしながら植物ステロールは植物の細胞に広く含まれる成分のため、私たちは食事から1日0.4g程度摂取しているとの報告もあり、知らず知らずのうちに口にしています。なお、ポリコサノール秀には3粒あたり一般的なサラダ油約1L分に相当する植物ステロール(大豆由来;約0.7g)が配合されています。


2 植物や動物にもうれしい天然植物成分「ポリコサノール」

次に説明する成分は商品名にもなっている「ポリコサノール」について。ポリコサノールは炭素を多く持つアルコールの一種です。アルコールと言っても飲むと酔っぱらうお酒とは異なり、むしろお酒をたしなむ方にもおすすめの成分です。

ポリコサノールは果物の皮や小麦胚芽、米ぬか、サトウキビ等にわずかに含まれており、植物ワックスの一成分として植物の表面を覆うことで、虫からの害を防いだり、水分の蒸発を防いだりしています。

また、渡り鳥がポリコサノールを含む植物を食べることで、数千キロにもおよぶ長距離飛行に役立てているとされています。このように植物自体もそれを食べる動物もポリコサノールをうまく活用していると言っていいでしょう。

ぶどうの皮

ちなみに私たち人間とポリコサノールの歴史は20世紀半ばまでさかのぼります。イリノイ大学の体育学科生や米国海軍・海兵隊らの協力を得た20年以上にもわたる研究をベースに、現在ではサプリメント成分として応用されるようになりました。


3 その他、セサミン、リコピン、ビタミンDなどの注目成分も! 

ポリコサノール秀は植物ステロール、ポリコサノール以外の配合成分も充実しています。

ゴマ粒

配合されたごま油はセサミンの含有量が多いリグナンゴマを搾って得られたものです。また、赤色のトマト色素も天然リコピンを多く含むトマトを原料としています。

さらに紫外線を気にする女性や高齢者に不足しがちなビタミンD3も配合しました。どれもが油に溶ける体にうれしい成分です。ぜひポリコサノール秀で毎日を健やかに過ごしませんか?


お召し上がり方・ご使用方法

健康補助食品として1日3粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください。

原材料

植物ステロールエステル(ドイツ)、ゼラチン、ごま油、米ぬか抽出物/
グリセリン、カラメル色素、トマト色素、V.D3
(一部に大豆、ゼラチン、ごまを含む)

摂取目安量あたりの栄養成分

<3粒(1.62g)あたりの栄養成分>
エネルギー/11.3kcal たんぱく質/0.46g 脂質/1.01g 炭水化物/0.08g 食塩相当量/0.002g
ビタミンD/3μg

植物ステロールエステル/755mg
ごま油(セサミン1.2%含有)/220mg
米ぬか抽出物(ポリコサノール83%含有)/20mg
トマト色素(リコピン6%含有)/15mg

ご注意

・高温多湿、直射日光を避けて保存してください。

・原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方はお避けください。

・体質に合わない場合は飲用を中止し、医師またはお問い合わせ先までご相談ください。

・天然由来の原料を使用しているため、色などが変化したり、カプセルの中身が分離して変色したように見えることがありますが、品質や栄養価には影響ありません。

・小児の手の届かないところに保管してください。

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

よくあるご質問
質問

どんな人が摂取に注意が必要ですか?

回答

特にありませんが、原料の一部に大豆、ゼラチン、ごまが含まれますので、それらの食物アレルギーに該当される方の摂取はお控えください。

質問

どのように飲んだらいいですか?

回答

食品ですのでいつ飲んでいただいてもかまいませんが、空腹時よりはお食事と一緒にお召し上がりいただくことをおすすめします。また、軽いお食事よりも重めのお食事と一緒に飲まれたほうがより一層おすすめです。