http://www.shproduct.jp/

乳酸菌のおかげナノ・S

ナノS
乳酸菌のおかげナノ・S

内容量:

60g(2.0gスティック×60包)

1日の摂取目安量:

1~2包

形状:

白色粉末
ブルーベリーフレーバー

アレルギー:

乳・大豆

希望小売価格:

8,800円(税抜)

乳酸菌のおかげナノ・Sは生きた菌(生菌有用菌)と死んだ菌(殺菌乳酸菌)を独自にW配合したサプリメント。 さわやかな甘い味で毎日続けやすい商品です。

殺菌乳酸菌としてナノ型乳酸菌nEFとヒトの胃液から発見された乳酸菌LJ88(殺菌乳酸菌)を配合し、一方の生菌有用菌には相性の良い乳酸菌・酪酸菌・枯草菌の3種を配合し、胃から腸まで広く分布して、あなたのおなかをスキなくガードします。

乳酸菌のおかげナノ・Sのよくあるご質問はこちら>>

1 ほんの少しでもたくさん!ナノ型乳酸菌nEF

ナノ型乳酸菌nEFは、ナノ化技術によって生まれた殺菌乳酸菌であり、生きた菌ではありません。しかし、その分少量で大量の菌を摂取することができるというメリットがあります。
そしてそれには「ナノ化技術」が大きく関わっています。

おなか

「ナノ」という言葉は、ナノイオン製品の普及によって私たちにも馴染みが深いものになりましたが、実際にはなんだかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ナノとは「大きさを表す単位」であり、1ナノメートル(nm)は1ミリメートル(mm)の百万分の1という非常に小さな小さなサイズ。つまり、ナノ化された乳酸菌は非常に小さいため、ほんの少量でも大量の乳酸菌がぎゅっと凝縮されているのです。そのため乳酸菌のおかげナノ・Sは、たった1包でヨーグルト約25個分にも相当する乳酸菌を摂取することができます。
※ヨーグルト1個=100gとして計算


2 ヒトの胃液から見つかった善玉乳酸菌、LJ88を新配合!

乳酸菌のおかげナノ・Sの最大のリニューアルポイントは、乳酸菌LJ88を配合した点。もともとヒトの胃に存在する乳酸菌なので安全性が高い上、他の乳酸菌とは異なる特徴があります。

腸に存在する善玉乳酸菌は腸の悪玉菌に対抗する働きがあることは皆さんご存知だと思いますが、胃に存在するLJ88乳酸菌も"胃の悪玉菌"に対抗する働きがあります。LJ88菌は胃の悪玉菌として有名なピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の増殖を抑える働きが確認されています。

もちろん他の乳酸菌と同様、腸でのビフィズス菌増殖を助ける働きもあり、まさにLJ88菌は一石二鳥の乳酸菌なのです。

乳酸菌LJ88

3 3つの有用菌がおなかをフルサポート

乳酸菌のおかげナノ・Sに配合されている生菌は全部で3種類。(1)枯草菌(Bacillus subtilis)、(2)乳酸菌(Enterococcus faecalis)、(3)酪酸菌(Closrridium butyricum)の3種類です。これらの有用菌を配合した目的は大きくわけて二つあります。

おなか

まず一つ目は、私たちの腸をスキなくガードするため。私たち日本人の腸は小腸・大腸を合わせ7~9mもの長さがあり、同じ腸の中でも部位ごとに少しずつ性質が異なることから、住んでいる菌の構成も部位によって少しずつ異なります。そのため1種類の有用菌だけでは長い腸をカバーしきれないのです。

一方、乳酸菌のおかげナノ・Sに配合された3種類の生菌は、増殖しやすい部位がそれぞれ異なります。枯草菌は腸の上部(胃に近い部分)以降、乳酸菌は腸の真ん中(小腸の終わり)以降、酪酸菌は腸の下部(結腸)以降で増殖しやすく、私たちの長い腸をフルカバーします。


4 3つの有用菌で菌の増殖スピードがアップ!

3種類の生菌を配合した二つ目の目的は、有用菌の増殖スピードを上げるため。それぞれの菌を単独で培養するよりも、混合して培養したほうが、乳酸菌、酪酸菌の増殖スピードは格段に速くなります。

その理由は、枯草菌が増殖すると乳酸菌のエサが増え、さらに乳酸菌が増殖すると酪酸菌のエサがふえるからです。3つの菌の共生関係により、それぞれの菌の増殖スピードを速めることができるのです。

培養・シャーレ

<乳酸菌のおかげナノ・Sに配合されている有用菌3種類>

有用菌の名前

有用菌の説明

枯草菌
Bacillus subtilis

自然界に広く分布する菌で、胃酸にも強い特長があります。乳酸菌の増殖を助けます。

有胞子性乳酸菌
スポルス

Enterococcus faecalis

鞭毛という器官で自力で動くことができる乳酸菌の一種。刺激から身を守る胞子をつくることで胃酸などの過酷な環境下でも生き延びることができます。

酪酸菌
Closrridium butyricum

酪酸菌は乳酸菌に比べ聞きなれない名前ですが、酪酸菌が生み出す酪酸は、乳酸菌が作る乳酸よりも病原性大腸菌(ウェルシュ菌)の増殖を抑える働きがあることが知られています。酪酸菌は胃酸等の影響を受けず、結腸で増殖します。


お召し上がり方・ご使用方法

1日1~2包を目安に、そのままお召し上がりください。

原材料

ブドウ糖(国内製造)、オリゴ糖、酪酸菌末(コーンスターチ、酪酸菌)、乳酸菌(殺菌)、乳酸菌LJ88(殺菌)末、有胞子性乳酸菌末、枯草菌末/香料、クエン酸(一部に乳成分・大豆を含む)

摂取目安量あたりの栄養成分

<1包(2.0g)あたりの栄養成分>
エネルギー/7.36kcal たんぱく質/0.02g 脂質/0g 炭水化物/1.81g 食塩相当量/0.001g

ナノ型乳酸菌nEF/2,500億個 乳酸菌LJ88/5億個
有胞子性乳酸菌/1億個 酪酸菌/1,000万個 枯草菌/100万個
※それぞれ製造時の菌数

ご注意

・直射日光、高温多湿を避けて保存してください。

・個包装の開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。

・色調等が異なる場合がありますが、品質に問題はありません。

・乳幼児の手の届かないところに保存してください。

・体調や体質により本品がまれにあわない場合があります。その場合は使用を中止してください。

・原材料の一部に乳由来、大豆由来の成分を含みます。アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。

・処方薬の服用中の方、通院中の方、妊娠中の方、授乳中の方、及びお子様は、お医者様とご相談の上お召し上がりください。

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

よくあるご質問
質問

効果的な飲み方はありますか?

回答

乳酸菌のおかげナノ・Sは食品ですので、いつ飲んでいただいてもかまいません。ただし、1日1回寝る前に飲んでいただいた場合にご満足いただく方が多いようです。

質問

併用を注意しなければならないお薬はありますか?

回答

乳酸菌のおかげナノ・Sは乳酸菌を配合した食品です。処方薬にて乳酸菌製剤をお飲みの方は重複摂取することになりますので、当商品の摂取をお控えください。