http://www.shproduct.jp/

必須アミノ酸withオルニチン

必須アミノ酸withオルニチン 必須アミノ酸withオルニチン

内容量:

81.6g(1粒重量340mg×約240 粒)

1日の摂取目安量:

8粒

形状:

肌色・錠剤

希望小売価格:

2,800円(税抜)

アレルギー(28品目):

必須アミノ酸withオルニチンは、バランスよく配合した必須アミノ酸9種類にアミノ酸の一種、オルニチンを加えたアミノ酸サプリメントです。

体を動かす習慣のある方やお酒をたしなまれる方、はつらつとした毎日を送りたい方におすすめです。

必須アミノ酸withオルニチンのよくあるご質問はこちら>>

1 食事からの必須アミノ酸は黄金バランスで摂ると◎

私たちの体はたんぱく質でできています。私たちの体のうち、筋肉はもちろん、爪や髪の毛、お肌から臓器や骨に至るまでそのすべての主成分がたんぱく質です。 このたんぱく質は1個1個のアミノ酸がつながってできるものですが、私たちの体はたった20種類のアミノ酸の組み合わせでできています。

そして20種類のアミノ酸は体内で作れるものと作れないものに分かれます。体内で作れず、食事によって体外から取り入れるものを「必須アミノ酸」といい、この必須アミノ酸には黄金バランスが存在します。食べ物に含まれる必須アミノ酸が黄金バランスだと、体で有効利用されやすいのです。

ある食品が黄金バランスに近いかどうかを100点満点で点数化したものをアミノ酸スコアといい、アミノ酸スコアが100の食品には卵や牛乳、肉、魚などがあります。これらは良質なたんぱく質とも言い換えられます。

卵からハート

なお、必須アミノ酸withオルニチンに配合された必須アミノ酸(全部で9種類)は、食事由来のたんぱく質より吸収がスピーディーなうえ、アミノ酸スコアが100であり、体が利用しやすい配合割合になっています。

2 元気とキレイを後押し!オルニチン
しじみ

オルニチンもアミノ酸の仲間の一つですが、上記の20種類のアミノ酸とは異なり体を作る材料にはならずに、そのままの形で体内をめぐり大切な働きをしています。

特に肝臓には「オルニチン回路(尿素回路)」というものがあり、毒性の高い「アンモニア」を「尿素」に変換する解毒反応に関わっています。アンモニアの処理が十分でないと、それらが血流に乗って体のあちこちに運ばれ、お肌や体の不調の原因になってしまいます。

なお、オルニチンを多く含む食材の代表格はなんといっても「しじみ」。しじみ汁でおいしくオルニチンを摂取してもいいですが、毎日手軽にキチンと摂りたい方はサプリメントもおすすめです。

必須アミノ酸withオルニチンには一日の目安8粒あたり、しじみ560個分に相当するオルニチンが配合されています。

お召し上がり方・ご使用方法

健康補助食品として1日8粒を目安に、水またはぬるま湯とともにお召し上がりください。

原材料

オルニチン(国内製造)、還元麦芽糖水飴
/ロイシン、リジン、バリン、フェニールアラニン、イソロイシン、結晶セルロース、トレオニン、メチオニン、ヒスチジン、ステアリン酸Ca、トリプトファン、シェラック

摂取目安量あたりの栄養成分

<8粒(2.72gあたり)の栄養成分>
エネルギー/11.04kcal たんぱく質/1.87g 脂質/0.05g 炭水化物/0.78g 食塩相当量/0.001g

必須アミノ酸(9種合計)/2012.8mg オルニチン/202.6mg

ご注意

・高温多湿と直射日光を避け、常温で保存してください。

・体質に合わない場合は飲用を中止し、医師または弊社お問い合わせ先までご相談ください。

・まれに原料由来の色むらや、淡黄色の着色がみられることがありますが、品質や栄養価に影響はありません。安心してお召し上がりください。

・小児の手の届かないところに保管してください。

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

よくあるご質問
質問

お薬を飲んでいますが、一緒に飲んでも大丈夫ですか?

回答

摂取目安量内であれば問題ないと考えられますが、必須アミノ酸のうちロイシン、イソロイシン、バリンには、レボドパ(パーキンソン病治療薬)の効果を弱める働きが確認されています。レボドパ服用中の方で摂取を希望される方はかかりつけ医にご相談ください。

質問

いつ飲んだらいいですか?

回答

必須アミノ酸withオルニチンは食品なので、いつ飲んでいただいても構いません。続けられるよう、飲み忘れのないタイミングがおすすめです。